PIANOの気持ち

アクセスカウンタ

zoom RSS ショパン〜初診

<<   作成日時 : 2013/11/19 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ショパンは膀胱結石の手術をしてから二年近くが経とうとしています。
手術さえすれば...回復後は定期検査は必要ながら、快適に生活できると思っていました。
が…思うようには行かなかったのです。
取り除いた結石はストロバイトが98%以上と病理検査で確認されていました。
尿検査の度に結晶が確認出来、phを下げればシュウ酸カルシウム結晶が出来る…
お○っこの体勢を長時間とるけれど、出が悪い…挙句 血尿が出る…の繰り返しで
処方食も最初はphコントロール一本でしたがシュウ酸カルシウム結晶の出現でu/dを混ぜることになりました。
最初はphコントロール3:u/d1の割合から始まり
いつしか1:1になり…最後は75%以上u/dと言う所まで…しかし症状は改善されていませんでした。
そして昨日、病院から戻ってくるとショパンに血尿が!!

で、今日の初診と相成りました〜。
レントゲン&超音波検査、尿検査…
「何から話そう…」 (あ〜、嫌な予感!!)

尿道には結晶が粘土状に詰まっていて、カテーテルが先ず入らなかったそうです。
何とか膀胱まで挿入しての尿の中には殆んど結晶が見られず
(尿道から押されて膀胱内に入ってしまったものかも知れないそうです)
問題は尿道に有ると。。
尿道の炎症止めと出血を止める薬を飲みながら、水分を一杯飲んで
お○っこで尿道内を流してしまおうと。。

膀胱と尿道の境目辺りに小さな結石があるかも…といわれたことは有りましたが
その後は尿検査と超音波検査もしてきた筈なのですが…
二年近くも症状が変わらずに来ていますから。
混乱したまま…帰宅。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ショパン〜初診 PIANOの気持ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる