PIANOの気持ち

アクセスカウンタ

zoom RSS K先生より

<<   作成日時 : 2014/02/21 23:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

12時半頃電話が来ました。
入院時に検査していた血中濃度の結果が出た、と。
「低めながら数値としては大丈夫なので、このままの薬で続行しましょう。」と。

ここで心配なタクトの様子を話してみました。
頭が小刻みに揺れることがあり、瞬きも以上に多い。
「小さな痙攣のような幹事の状態が続いていますが、心配は無いのでしょうか?」
先生の質問にも答えて、先生の出した答えは
「小さな発作を起しているものと考えられます。予定を変更して薬の量を増やすほうが良いでしょう」

午後からの診察時間に薬を取りに行くことにしました。
「薬を準備して置きます。
 それと今後は定期的様子の報告をして欲しいので、メールを下さい。」

何時もの担当の先生にお会いして帰ってきました。
その際にも頭が揺れていましたが「病院に来て緊張もあるでしょうから...」

何度か見て頂いている先生にそう言われたらそれ以上の相談は出来ないと感じ
二週間後にK先生の予約を取っていただいて帰宅しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
K先生より PIANOの気持ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる