PIANOの気持ち

アクセスカウンタ

zoom RSS ダンス&タクトのその後...

<<   作成日時 : 2014/03/18 23:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ダンス、4日(火)の夜に緊急入院致しました。
9日(日)に退院してきましたが、その後は毎日点滴に通っています。
退院当初は薬が5種類...鼻カテーテルが入っていたので助かりました。
ですが、ダンスはこの鼻カテーテルがお気に召しません。。
出来たなら外したいと、毎日頑張ったため...

13日(木)午前3時、トイレに起きたダンスを見て焦りました。
カテーテルが3〜4cm出てしまっています。
ちょっと前脚で引っ掛けようものなら...考えただけで寒気がします。
もう眠れません。エリザベスカラーを探して装着。
直ぐに出動できる態勢に身支度を整え(笑)
みんなのご飯の支度をして病院に電話して状況を話しました。
7時の薬さえ飲めたら、病院の開く時間に行く事にして、駄目だったら電話して直ぐに病院へ、と言う事になりました。

まぁ、一時期はシリンジで栄養もサプリメントも摂っていたダンスですから
いくら拒絶されているとは言え、一度くらいは出来るでしょう。

みんなのご飯を配っていると、ダンスが何度もクシャミを。。
何度かくしゃみをしている内にカテーテルは完全に抜けてしまいました。
お陰でダンスは気分が良さそうで(笑)、薬は無理やりでしたが
ご飯は食べやすそうでしたよ。

しかりカテーテルは鼻から額に止めてあります。
糸を切るのは私ひとりでは無理ですし、引っ張ったりされてもいけません。
エリザベスカラーを着けたまま、病院に向かいましたが
待合室で熟睡してしまったので、そっと外して順番を待ちました。

鼻カテーテルは鼻炎になり易いという難点があり、長期の装着は不向きなのだそうです。

このまま外す事になりました。


12日(水)と16日(日)に腎臓の数値を見るために血液検査をしています。
毎日休む事無く点滴に通っていますが腎臓の数値が落ちてくれません。
それどころかじわじわと上昇しています。
”回復する余力がもう無いかも知れません。。”
担当の先生は普段から余計な事を一切おっしゃらないのですが
一段と多くを語ろうとしない先生を前に、私も口数が少なくなります。
次回の血液検査は一週間後の23日(日)です。


15日(土) 午後5時頃 タクトが発作を起しました。
前回は丁度一週間前、8日(土)でした。
「直ぐにいらして下さい」との事でしたのでこの日二度目の病院へ。

「前回からの期間があまりに短いので神経科の先生と相談してみます。
 明日(のダンスの診察のときに)今後の事はお話しましょう」

薬の量を変えてから、まだ日にちが経っていないので薬の量はこのまま
もう暫く様子見です。


毎週火曜日は休診日なのですが、緊急を要する子やダンスの様に毎日の点滴治療が必要な子の治療はしてくれます。
今日も一度連絡を入れて、何時ごろ伺えばよいか聞いたのですが、午前中は手一杯なので午後から...と言われました。
ですが...

今日はタクトが不調でハウスの中で嘔吐一回、何箇所かにピーピーのした後が...(涙)

ハウスの中の掃除をして、汚れ物の下洗いをして...タクトを見るとPCの椅子の上に大量の嘔吐物。。胃はこれで空になったと思われます。
PCの椅子にはカバーがしてあり、椅子への直接の被害はゼロでは無いにしても大した事無く済みました。
しかし、またまた洗濯しなくてならない。。電話を入れた9時には既に疲れを感じておりました。トホホ。。

タクトの状態を話して、一緒の診察をお願いすると...「それでは午前中の一番遅い時間で11時半に来られますか?」

タクトは整腸剤と胃薬が出ました。
手術以来、体調が安定しないことなど話をして
ずっと使ってきた抗生剤を再開するか如何か、先生と話しましたが
この薬を一時止めて食欲が戻っていたのは確かなので、今回は再開を見送りました。
今回の治療後、また同じ様な症状を繰り返すようなら、その時に改めて考える事になりました。

それと...長時間咳が続きます。
数日続くようなら胸のレントゲンを撮りましょう、と言われています。


ダンスも咳が少し前から出ていたのですが、酷くなって来ました。
レントゲン検査をしましたら、気管支肺炎とのこと。
気管からはいの一部分が白くなっている...抗生剤と気管支拡張剤が処方されました。

薬を極力減らしていきましょう、と言われながらも薬が増えることばかり
それだけ抵抗力、免疫力が落ちてきているという事ですね。。
食欲も少し落ちているし、心配なことばかりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ダンス&タクトのその後... PIANOの気持ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる